ホーム > 外壁塗装でよくある失敗って?

外壁塗装でよくある失敗って?

せっかくお金を払って、外壁塗装をするのだから、しっかりと塗装してほしいものですね。

しかし、外壁塗装をする際に結構失敗することがあります。

なので、今回は外壁塗装でよくある失敗をお話させていただきます。

まず、外壁塗装でよくある失敗として安さにつられて契約をした所、実は安くなかったというケースや品質が悪かったというものがあります。

特に訪問販売会社に気を付けることが大事で、訪問販売をする会社が全て悪質だとは限りませんが、悪質な業者は訪問販売をすることが多いので、注意をする必要があるのです。

訪問販売でなくても、実際に見積もりをとった時に半額にしてくる業者には注意をしましょう。


外壁塗装には相場というものがありますから、いきなり半額になるということは考えられません。

つまり半額にできるということは、元の金額が高くて半額になってようやく普通の金額であるか、あるいはどこかで手抜きをして費用を削る以外の方法しかないのでいきなり半額になるということはなにか裏があるということになります。


そのため、外壁塗装をする時に大事なことは相見積もりをしっかりとることと、見積もりの内容でわからないことがあったら、詳しく説明を求めることとなります。

外壁塗装は決して安くない金額のものですから、よく調べない内に契約をしてしまい失敗をすることがないように気をつける必要があります。