ホーム > 外壁塗装っていつの時期が一番いいの?

外壁塗装っていつの時期が一番いいの?

いよいよ外壁塗装をしなければならない時期になると、どのタイミングで塗装をしたらいいのか迷ってしまう人もいます。

いったい外壁塗装の時期はいつが一番いいのでしょうか。

今回は外壁塗装に適した季節についてお話させていただきます。

まず、多くの方は正月やお盆以外はいつでも問題ないと考えている人もいます。

ですが、外壁塗装は室内で行う物ではなく外で行うため、外壁塗装は季節によって変わると言えます。

塗料の性質によって変わるのです。

外壁塗装をする時に塗料がちょうど良く伸びるのが25度ぐらいです。

ですが、普通に塗装をするのに差し支えない温度は5度から34度ぐらいまでになります。

適正な温度がわかれば、どの時期が外壁塗装に向いているかわかるはずです。

少なくとも春や秋に気温が5度未満になることは少なく、逆に35度を超える日もほとんどないでしょう。

では、夏や冬はどうでしょうか。

冬は関東地方の平野部や関西地方の平野部であればたいていの日は塗装をすることが出来ます。

逆に夏は35度を超える日が増えて来ていますので、注意が必要です。

また、梅雨は雨が多く塗料がうまく塗れず水が入ってしまうため、梅雨は避けるべきでしょう。