ホーム > 外壁塗装と屋根塗装を一緒に行うメリット

外壁塗装と屋根塗装を一緒に行うメリット

家を塗装リフォームする際、外壁塗装と屋根塗装を別々にしていませんか?

それは大変もったいないことです。

なぜもったいないのか?今回はそれについてご説明します。

外壁塗装と屋根塗装を同時に行うと、両方の塗装費がかかって高く思えるかも知れませんが、実は、しっかり計算をしてみると逆にお得になる場合もあります。

まず、外壁塗装をするにしても屋根塗装をするにしても足場を組む必要があります。

実は、この足場を組むにはかなりの費用がかかってしまい、別々の時期に塗装をすることになると足場を組む費用も倍になってしまいます。

しかし、同時に行えば足場を組む費用節約することができますから、足場代だけで大きな節約をすることができるのです。


次に同時に行うことによって割引を引き出しやすくなりますので、足場代を抜きに考えたとしても同時に行ったほうが得になるのです。

もちろん、劣化もしていないのに塗装をするという必要はありませんが、どちらか片方の劣化が激しくもう片方は全く劣化がないということが通常では考えにくいです。

なので、同時に塗装をしてしまったほうが長期的に見てお得なのです。

一時的な出費が多くなってしまうので、迷ってしまういがちですがトータルで見た支払を考えると絶対にお得なので覚えておくとよいでしょう。