ホーム > 外壁塗装業者に悪徳業者が多い理由

外壁塗装業者に悪徳業者が多い理由

外壁塗装業者に悪徳業者が多い理由は何でしょうか。

世の中から悪徳業者というものはなくなってほしいものですね。

では、お話させていただきます。

一つは工事や塗料に定価は存在しないからです。

厳密に言えば塗料の定価はありますが、それにいくら売り上げを乗せるかは業者次第になります。

ただ、これについてはよほど知識がある人でないと、一般の人にはわからないことです。

そして、わざわざ調べようとしません。

そうすると、悪質業者は高い値段をつけます。

お客さんもそれを見て『業者が言うのだから間違いない』と思うに違いありません。

あと、値段を業者のほうから下げるように提案するところには気を付けましょう。

例えば、悪質業者の中には『値段を安くするのでどうですか』と言ってくる業者もいます。

ただ、値段だけで見ると長期的な機関で見ると大きな損失になります。

なぜなら安い費用で契約をして塗装をしてもらっても、塗装自体がいい加減か、あるいは人件費を安くするためにアルバイトなどを使っている可能性があるからです。


では、どうしたら悪質業者に捕まらずに済むでしょうか。

それは、信頼できる業者に委託することです。

信頼できる業者かどうかは近所の人の口コミや評判を聞くなどすれば情報が手に入ります。

また、相見積もりをすることで悪質業者を避けることが出来ます。