ホーム > 塗装工事で起きやすいトラブルって?

塗装工事で起きやすいトラブルって?


外壁塗装をするときにはいろいろなトラブルが起りがちです。

では、過去にはどのようなトラブルが起っているでしょうか。

まず、一つ目に、塗装の色が見本と違う場合があります。

これには2つの理由があるんです。

一つは、単純に業者が間違えたパターンです。

たとえば、カタログの右下の右から3番目の色を選んだのに、業者の方が間違えて右下の右から2番目を選んでしまった場合などです。

もう一つは面積効果の問題です。

色は面積が小さいと暗く見えるというのが面積効果です。

それを知らずに色を選んでしまうと、えらく明るい色の塗装になります。

派手好きにはいいかもしれませんが、出来れば避けたいトラブルの一つですね。

トラブルの2つ目は塗装がはがれることです。

ただ、これは言われているほど多く起こりません。

悪質業者に塗装をお願いした場合には2,3年ほどで塗装がはがれる可能性がありますが、優良な塗装屋なら数十年ともちます。

悪質業者にはくれぐれも注意しましょう。
業者を安さで決めてはいけません。適正な価格があります。

トラブルの3つ目は、塗り直しの要求による追加費用の発生です。

これは契約前に追加料金が発生するかどうかを確認することで防ぐことが出来ます。