ホーム > 外壁塗装のタイミング

外壁塗装のタイミング


前回では外壁塗装の効果についてお話させていただきました。

しかし、外壁塗装はいつすればいいのか?と悩む方もおられると思います。

なので、今回は外壁塗装のタイミングについてお話させていただきます。

まず、外壁塗装のタイミングとしては、劣化が進む前に行ってしまうのが鉄則です。

劣化した状態を放置すると費用が上がることもあるので、早め早めに塗装をしたほうが最小限の費用で済むためです。


劣化の状況というのは外壁塗装に膨らみが発生していたり、剥がれていたりした場合などは目で見てすぐにわかりやすいものですが、チョーキングなど触ってわかるものもあります。

そのため、定期的に家の周りを回ってみて外壁塗装に異常がないか、目で見て触って確かめて見るようにしましょう。

家の状態を保つためにはメンテナンスは欠かすことができず、この出費を避けることはできません。

外壁塗装というのは、家の保護のために非常に重要なものですが、その役割というのは直接実感をすることができるものではないので、どうしても対応が遅れがちになってしまいます。

前回にもお話しましたが、上述したように劣化を放置したままにしてしまうと、建物自体も劣化することになってしまって、その結果として外壁塗装だけでは済まない建物自体の修繕も必要になってしまうケースがあるので、早めに対処するのが重要なのです。