ホーム > 外壁塗装の効果

外壁塗装の効果


外壁塗装は何の意味があるのだろう?

このように思った方は少なくてもおられると思います。

塗装するだけだから見た目がよくなるだけだと思う方もおられるでしょう。

しかし、そのほかのに効果があるんですよ!

今回は外壁塗装の効果についてご紹介します。

実は、外壁塗装には住宅の劣化を防ぐ役割があります。

この点、外壁塗装は外壁をきれいに塗り替えるのが一番の効果だと言う意見もあります。

ですが、それならばペンキを塗るだけで十分であり、わざわざ100万円前後のお金を払って手間暇をかけて塗装しなくても良いと言うことになります。

外壁塗装の効果は美観も大事ですが、しかし美観だけでなく、それ以上に住宅への保護効果もあるのです。

保護効果とは劣化を防ぐ効果ですが、はっきり言って住宅の寿命は外壁塗装がしっかりと出来ているかどうかでかなり強く影響しているのです。

もし、外壁塗装を30年もしていなければ、外壁はぼろぼろになってしまいまい、外壁どころか下地材からやり直さないといけなくなり、余計な費用もかさみます。

劣化したまま放っておくとひび割れるのです。

また、雨漏りの原因にもなります。

短期的に見ると外壁塗装は高いお金を支払わなければならないと感じる人は多いです。

しかし、これを長期的に見ると外壁塗装をする場合は住宅の寿命が延びるため結果的にはお金があまりかからないことになります。

このように外壁塗装の効果は第一に保護効果で、第二が美観維持になります。