ホーム > 外壁塗装の3度塗りとは?

外壁塗装の3度塗りとは?

良質な塗装工事を表すものに「3度塗り」というものがあります。
とはいっても、「3度塗りなんか聞いたことない」と感じられた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、3度塗りについてご紹介したいと思います。良質な塗装を実現したい方は必見です。


まず3度塗りのはじめである1度目は、「下塗り」と呼ばれ、シーラーという接着効果のある塗料を塗ることです。1度目は古い塗装との繋ぎ目になるため、外壁の洗浄、補修がされた後におこなわれます。

次の2度目は、「中塗り」と呼ばれ、仕上げ時に使用する塗料と同じ種類のものを利用します。なので、最後の塗り残しを防ぐために3度目とは若干違った色の塗料を用いて仕上げるケースがほとんどです。

そして最後である3度目が、「上塗り」と呼ばれるものです。上塗りは、前の2度の塗装の性能を保護するという役割があり、耐久性を上げる大きな役割があります。


このように3度塗りでは、下塗り→中塗り→上塗りという3段階の作業が手間暇かけてしっかりとおこなわれます。外壁塗装の際は、ぜひ3度塗りをしっかりおこなってくれる、良質な業者に依頼するようにしましょう。