ホーム > 見積書の「一式」には注意しましょう

見積書の「一式」には注意しましょう

いざ外壁塗装の工事を依頼し、受け取った見積書。
しかし、書いてある内容は「一式」という言葉ばかり…
そのままGoをして失敗したという経験の方もいらっしゃるそうです。
そこで今回は、見積書に記載される「一式」についてと、その注意点をご紹介していきます。


「一式」とは、「ひとまとめ」という意味を持つ言葉で、詳細をすべて書くとかえって施主にわかりづらい記載に対して使われる言葉です。また、施工面積単位で単価が決まっていないような工種の見積もりの際にも記載されます。
しかし、この理屈を利用して、詳細に記載すべき箇所まで「一式」と記載していたり、見積書の中に多くの「一式」が使われていたとすると注意が必要です。なぜなら見積もり前の施工面積の計算が曖昧に行われていて、現状の工事金額と違ってくる恐れがあるからです。

正常な「一式」を利用している施工会社であれば、詳細見積もりを請求すれば、正確なデータを見せてもらうことができます。一方でそれらの請求に応じてくれない業者に注意が必要です。


悪徳な業者に依頼して失敗しないためにも、見積書を受け取った際は「一式」という言葉に注意して見てみて下さい。