ホーム > 我が家が発する黄信号を感じ取ろう その4

我が家が発する黄信号を感じ取ろう その4

数回にわたって自宅の外壁塗装の最適な塗り替えのタイミングについてご紹介させていただきましたが、外壁編は今回で最後となります。それでは早速ご紹介していきます。

・コーキング部の劣化
コーキング部とは、部材間の接地部の隙間を埋めるためにコーキング材と呼ばれる材料が埋め込まれた部分のことで、このコーキング部が古くなることによって亀裂が発生していたら塗り替えのサインです。この亀裂から内部に雨水が侵入してしまい基礎を腐らせてしまう恐れがあるので要注意です。

・ひび割れが発生している
外壁のひび割れは小さいものほど見落としがちです。ですが、その小さなひび割れから雨水などが侵入すると、住宅内部に腐敗や錆を発生させます。住宅の基礎の影響は、場合によって大規模な補修工事にも繋がりかねませんので、こまめにチェックをし、発見の際には早めの対応をしましょう。

いかがだったでしょうか。
数回にわたる紹介で、外壁の塗り替えの最適なタイミングを少しはおわかりいただけたのではないかと思います。
次回は、シリーズの締めくくりとして、屋根塗装の最適な塗り替えのタイミングをご紹介させていただきますのでぜひご覧ください。