ホーム > 塗膜がはがれるのはなぜ?

塗膜がはがれるのはなぜ?

「外壁の塗膜が剥がれている」とお悩みになったことはあるでしょうか。
見た目にもキレイといえない塗膜の剝がれは多くの方の悩みの種かと思います。
そこで今回は、「塗膜が剥がれる原因」についてお話ししたいと思います。
ぜひ最後までご覧になってください。

・経年劣化
時間が経つにつれて、ものというのはやはりどうしても劣化が見られるようになります。
塗料も例外ではなく、耐久年数がありますので、塗膜が剥がれることは大いにあり得ます。
ちなみに、一般的なシリコン塗料だと10~15年が寿命のようです。

・手抜き工事
洗浄の不足・下塗り剤の不備・塗料の薄めすぎなどは塗膜が剝がれる原因となります。
しっかりとした業者であれば、もちろんこのようなことは起きません。
しかし、一部の悪徳業者であれば、このような手抜き工事をしている可能性があります。
工事が終わった直後に異変を感じたら、なるべく早く施工した業者に連絡を入れましょう。

いかがでしたでしょうか。
主にこの二つが塗膜の剥がれる原因だといわれています。
原因を把握したうえで対策を打ち、きれいな外壁にしてくださいね。
この記事が参考になれば幸いです。