ホーム > 雨の日の外壁塗装工事ってどうなるの?

雨の日の外壁塗装工事ってどうなるの?

外壁塗装工事の期間中に雨が降るとどうなるか、という疑問をお持ちの方は多いことでしょう。
初めて工事を行うという方は誰もがぶつかる疑問かと思います。
そこで今回は、「雨の日の外壁塗装工事」についてお話ししたいと思います。

基本的に、雨が降ったときに関しては、塗装関係の工事は中断します。
それもそのはず、雨の日に無理の外壁塗装工事を行うと様々な弊害が起きてしまうのです。
ではいったいどのような弊害が起きてしまうのか。
例えば塗料が雨で薄まってしまうと、その塗装の能力を十分に発揮できない可能性があります。
また、雨水が塗料に落ちると、まだら模様になり、きれいに仕上がらないことも考えられるでしょう。
このようなことを考えても、雨の日に無理に外壁塗装工事を行うことにメリットはありませんよね。

しかし、 雨の日でも行える工程もあります。
塗装の工程は難しくても、足場の組み立てや、養生などは雨関係なしに作業を行うことができます。
そのため、外壁塗装工事は雨が降ると必ずしもできないというわけではありません。

いかがでしたでしょうか。
雨の日の外壁塗装工事についてご理解いただけたでしょうか。
この記事が参考になれば幸いです。