ホーム > DIYと塗装業者の違い

DIYと塗装業者の違い

最近では「DIY」という言葉を聞くことが増えましたよね。
「DIY」とは「Do It Yourself」の略語で、自分で行うことを言います。
このDIYが流行ってからというもの、塗装においてもご自身で行うという方が見られるようになりました。
しかし、実は塗装においては、業者とDIYの差が出やすいといわれているのをご存知でしょうか?
今回はそんな「DIYと塗装業者の違い」についてお話ししたいと思います。

・工事の工程が異なる
外壁塗装といっても、実はただ単に塗料を塗るだけではありません。
実はそれまでには様々な工程があり、細かな作業を重ねることでようやくきれいに仕上げることができるのです。
また、工程だけでなく使用している塗料も異なることが多いといえます。

・外壁塗装工事は人手がいる
意外かもしれませんが、外壁塗装工事はおよそ30人くらいの人出が必要です。
これを一人で行うとなると、やはりその負担は大きいといえますよね。
また、塗装工事は雨が降るとできないので、そのようなことを考えても業者にお願いするほうが楽だといえるでしょう。

いかがでしたでしょうか。
この記事が参考になれば幸いです。