ホーム > 安い塗料と高い塗料の違いってなに?

安い塗料と高い塗料の違いってなに?

外壁や屋根の塗装を考えた時、想像以上に多い塗料の数に驚いたことはないでしょうか。
また、そんな塗料に価格の差があるということに困惑する方も多いことかと思います。
そこで今回は、そんな悩みがちな「安い塗料と高い塗料の違い」についてお話ししたいと思います。

当然ですが、価格の差があるということは、性能にも大きく差が見られます。
性能といっても、塗料の場合は「耐久性」「機能性」が主に大きく異なる部分だといえるでしょう。
ではそれぞれ見ていきましょう。

耐久性というのは、その名前通り、塗料がどれくらいもつかということです。
基本的に塗料は耐用年数が来たら塗り替えのタイミングだといわれていますので、
この耐久性が高いものほど、塗り替えのタイミングが遅くても問題ないといえます。

次に機能性。
技術の進歩に伴って、近年塗料には様々な機能が付与されています。
例えば遮・断熱塗料、光触媒塗料などです。
このような機能をもった塗料を用いると、生活にも大きくいい影響を与えるでしょう。

いかがでしたでしょうか。
安い塗料と高い塗料の違いをご理解いただけたでしょうか。
この記事が参考になれば幸いです。