ホーム > 高圧洗浄の役割

高圧洗浄の役割

外壁や屋根の塗装を行う際には下地処理という作業を事前に行うことが必須となります。

その作業の内の1つである高圧洗浄という作業が塗装の仕上がりを大きく左右する作業となってきますので非常に重要です。

そこで今回はこの高圧洗浄という作業についてご紹介したいと思います。

高圧洗浄の大きな役割としては、とにかくゴミを落とすことが挙げられます。

長年暮らしている住宅の外壁というのは、藻や苔、ほこりやカビといった汚れが非常に多く付着しています。こういった多くの汚れを落とさずに塗料を塗った場合、密着力が低下するため塗装剥がれの原因になりますし、塗装が凸凹になってしまいますので水が溜まりやすいポイントとなってしまい、藻や苔、カビが生えやすくなってしまい、耐久性が低下してしまうのです。

また、高圧洗浄を行った後はどこが凸凹なのか、クラックが発生している場所はどこなのかといった確認を行うこともできますので、塗装を行う上での問題を未然に防ぐことにもつながります。

このように高圧洗浄は外壁塗装を成功させる上で非常に重要な作業になってきます。