ホーム > 下地処理の役割

下地処理の役割

外壁や屋根の塗装を行う場合には、塗料を塗る前に様々な作業が必要となります。

そこで今回は塗料を塗る前の下地処理という作業についてご紹介したいと思います。

塗装工事を行う前にまず行うこととしては、足場を組み立てることが挙げられます。

これは2階の外壁や屋根といった高い場所での作業を行う上で欠かせない作業ですので、一番最初に行います。

次に行う作業としては、高圧洗浄という作業が挙げられます。

高圧洗浄とは壁に付着したホコリや藻、苔などのゴミを取り除く作業で、塗装を終えた後に凸凹や塗装剥がれを防ぐための重要な役割を持った作業です。

また、クラックなどの補修も行うことで、上記のような凸凹を防ぐことができます。

そして、最後に行うのが養生という作業です。
この作業は外壁の塗装をしない場所や、近隣に塗料が飛び散るのを防いだり、外壁などの損傷を避けるために行うもので、作業中のリスクを減らす役割を持っています。

塗装においてはこれらの下地作業をどれだけ丁寧に行うかで、最終的な塗装の仕上がりが大きく変わってきますので、非常に重要な作業であると言えます。