ホーム > 防水工事を怠った場合

防水工事を怠った場合

屋根や外壁はもちろんですが、ベランダなども雨に直接さらされる場所であり、雨漏りなどの水の侵入の可能性がある場所ですので、防水工事を行って水の侵入を防ぐようにしましょう。

もし水が侵入してしまった場合、外壁だけでなく、家の中の鉄筋などの劣化の原因になりますし、木造の部分であれば、腐食してしまいますので建物の耐久性や寿命を低下させることになってしまいます。

また、こういった湿気を多く含む部分にはシロアリが発生しやすくなりますし、建物の劣化スピードを早めてしまいますので、屋根や外壁、ベランダといった雨に直接さらされる部分は防水工事を行って水の侵入を防ぐようにしましょう。

こういった防水工事を行う目安としては、塗料の耐用年数を把握しておくことや、外壁のチョーキングやクラックといった劣化を見逃さないこと、そして業者などのプロの目で点検を行ってもらうことが重要です。

もしこれらの点検や防水工事を怠った場合、上記のような雨漏りや建物の耐久性の低下などを引き起こしますし、問題が起こってからでは費用や手間もよりかかってしまいますので、定期的に点検を行うようにしましょう。