ホーム > シックハウス症候群について

シックハウス症候群について

シックハウス症候群という言葉を耳にされたことはございますか?

シックハウス症候群とは、室内の建材や家具などに含まれる化学物質が発する有害なガスによって、様々な健康障害や体調不良を引き起こすというものです。

近年では省エネを意識した住宅が増加していることもあり、その影響で冷暖房効率を上げて電力の使用を抑えるための高気密な住宅が増加しています。

シックハウス症候群の原因としては、主に上記のような化学物質によるものですが、それと併せて高気密による換気不足によって、よりシックハウス症候群になる可能性が促進されてしまっています。

そのため、化学物質を多く利用した家具や建材を使用した場合に、ホルムアルデヒドなどの有害な科学物質が室内に蔓延しやすくなっているのです。

ですので、このような化学物質を発生させたり、シックハウス症候群にならないためにも、有害物質が出る可能性のある建材や家具を使用することは止めるべきで、人体に無害な無垢素材などを使用することをおすすめします。

このように、身近な自分の家でも危険というものは潜んでいますので十分注意するべきです。