ホーム > 外壁の色を選ぶ際の注意点

外壁の色を選ぶ際の注意点

外壁塗装を行う際には塗料の種類が重要であるとされていますが、もう一つ重要な点として挙げられるのが、塗料の色です。

外壁塗装の際によくあるのが、外壁塗装を終えてから見てみるとイメージしていた色と違うということです。

外壁塗装には費用や手間がかかりますので、そう簡単に塗り直しというわけにもいきませんので、慎重に決めるようにしましょう。

気をつけるポイントとしては2つあって、
1つめが自分の好みだけで色を決めてしまわないということです。
というのも、周囲の家や環境を考慮した時にあまりにも違った色ですと景観を損ねますし、浮いた印象を持たれますので、周囲の家の外壁の色や環境に合わせて色を選ぶようにしましょう。

2つめのポイントとして挙げられるのが、色の見本を見てから色を選ぶようにすることです。
この作業はだれでもするとは思いますが、ここで気をつけなければならないのが光を当てた際の色を確認することです。

外壁というのはどうしても日光にさらされる場所ですので、屋内で見た色の印象と大きく変わってしまいます。

また、小さな見本の時の色と実際の外壁に塗った色では色の面積効果によって見え方が大きく変わってきます。

ですので色の見本を見る場合においてはこの2点を意識して見ることが重要です。

色を決める際には、これらのポイントを押さえ慎重に選ぶようにしましょう。