ホーム > 遮熱塗料とは

遮熱塗料とは

外壁塗装や屋根の塗装を行う際に使用する塗料としておすすめなのが、遮熱塗料です。

遮熱塗料というのは言葉の通り熱を遮断する塗料で、屋根の温度の上昇を押さえたり、室内の温度を一定に保つ効果があります。

特に屋根は気温の高い真夏などに直射日光を浴び続けていると、50~70度にまで上昇しますが、この遮熱塗料を使用することで、屋根の温度の急上昇を抑えることができ、その結果、室内の温度の上昇を抑えることもできます。

また、室内の温度を抑えることで結果的に冷暖房効率が上昇するので光熱費の削減にもつながります。

そして、遮熱塗料を使用することで、屋根の劣化の要因の1つである熱による劣化を防ぐこともできますので、屋根の耐久性をあげることにもつながります。

ただ屋根や外壁の塗装を行うのではなく、このように特殊な性能を持った塗料を使用し、塗装を行うことで屋根や外壁の耐久性を向上させることにつながるだけでなく、それぞれの塗料に応じた恩恵を受けることができます。

ですので、外壁や屋根の塗装を行う際には遮熱塗料のような特殊な塗料を使用してみると良いかもしれませんね。