ホーム > 養生の役割について

養生の役割について

養生という作業をご存知でしょうか?

養生というのは外壁の塗装の際などに行われる作業のことで、塗装の際に住宅の壁や近隣に塗料が飛び散らないようにしたり、壁に傷をつけないようにするための作業のことです。

主に使用するものとして養生テープという養生用のテープやビニールです。

塗装などの作業を行う前にこれらを用いて、窓や塗装を行わない場所を覆うのですが、この際の養生テープの貼り方によって養生の効果が、もっと言えば養生と塗装の境界線付近の仕上がりが変わってきます。

そして、塗装が完了したら養生を取り外す作業を行うのですが、養生テープの剥がし方が雑になると粘着部分が壁に残ったり、外壁の塗料が剥がれてしまうので注意するべきでしょう。

養生というのは、塗装の時だけではなく、作業現場で様々なものを保護するためにも使用され、汚損や破損を防ぐという役割を持っており、引っ越しの作業現場などにおいても行われます。

このように養生というのは作業を行う上で欠かせないものであり、手を抜くと重大なミスにつながることもありますので、注意して確認するようにしましょう。