ホーム > 雨漏りの仕組み

雨漏りの仕組み

もし、住宅で雨漏りが発生した場合、最初にどの部分を確認しますか?

大多数の方は屋根を真っ先に確認すると思います。

もちろん屋根というのはちょっとしたヒビや剥がれから雨漏りが発生する場所ですので、雨漏りの可能性が高い場所ではあるのですが、屋根以外の場所からの雨漏りというのもあり得るのです。

その部分というのが外壁なのです。

まさかと思う方も多いとは思いますが、屋根だけでなく外壁も雨や風にさらされるので、雨によって水が染み込んでくるという事態はあり得ます。

もちろん外壁も防水加工によって、水が染み込まないようにはなっていますが、時間がたつにつれ、外壁の塗装が劣化することで剥がれたり、防水機能が落ちてきたりしますので雨が染み込んでくるのです。

このような状態になることで雨水が染み込んでいき、天井にまで到達すると雨漏りが発生するのです。

ですので、屋根の雨漏り対策をするのはもちろんですが、外壁においても雨漏りの対策はするべきです。

このことから、雨漏りを防ぐためには屋根だけではなく、外壁にも注意するべきですが、どちらにおいても未然に対策することが不可欠ですので、定期的に点検を行うようにしましょう。