ホーム > 屋根の劣化症状について

屋根の劣化症状について

住宅の屋根は雨や風、太陽による紫外線や熱といった外部環境にさらされてますので、劣化症状が出やすい部分の1つであると言えます。

特に、クラックやチョーキング、色褪せなどの劣化症状が一部でも現れた場合、塗装を検討したほうが良いです。

そのまま放置しておくと見た目が良くないのはもちろん、屋根が損傷し、雨漏りの危険性がありますし、雨漏りによる家の耐久性の低下を加速させることとなります。

塗装の周期としては、大体10年に一度と言われていますが、塗料の種類によってはもう少し早く塗り直したほうが良い場合がありますし、その逆で長持ちする場合もございます。

屋根を点検を行う際には、自ら点検するというのは非常に危険ですので、業者の方にお願いするようにしましょう。

業者の方に点検してもらうことで、より詳細な屋根の状態がわかりますし、適切な改修を行うことにつながりますので業者の方に点検をしてもらうようにしましょう。

このように屋根というのは、住宅の耐久性を維持する上で非常に重要な役割を担っていますが、一方で最も劣化が進みやすい場所の1つですので注意するようにしましょう。

そして、安全にかつ適切な点検を受けるためにも、屋根の点検は業者の方にお願いするようにしましょう。