ホーム > 小さなひび割れはなおる?

小さなひび割れはなおる?

外壁塗装を行う理由は、10年経ったから、見た目が悪くなってきたから、色を変えて心機一転したから、などではないでしょうか。

外壁塗装を行われる上でよくあるご質問の中に小さなひびがあるけど塗装で隠せる?という質問があるようです。

今回の記事ではそのひびについて知っておくべきことをご紹介します。

まず、塗装によって細かい傷の修復ができるのか、ということですが下地調整材のフィラーと呼ばれる材料を利用することで綺麗な見た目にすることが可能です。

非常に小さいひびの場合でしたら、フィラーを傷の中に刷り込み、平らな状態にするという下地調整が行われた上で、一般的に3度の重ね塗りが施されますので綺麗な仕上がりになることでしょう。

建物というのは暑い間に膨張し、寒い時期に収縮しますので、それらを繰り返すことで小さなひび割れを引き起こします。

10年以上放置した日々は次第に大きくなり、塗装作業のみでの解決が難しくなることがありますのでくれぐれも定期的な塗り替えを行ってください。

建物の損傷はこういった小さなひびから始まるため、気になりだしたタイミングで、適切な対応をしていくことが、大きな費用のかかる修繕工事をしない最も有効な手段だと言えるでしょう。