ホーム > 断熱塗装をするメリット

断熱塗装をするメリット

みなさん、外壁塗装において塗料に関してどういったイメージを持っているでしょうか?
ただ単に色を付け直すだけの役割としてみなされている方も多いでしょう。
ですが、外壁の塗装には様々な役割が存在し、例えば、家の外壁自体を保護する役割や、今回お伝えする熱を遮断する役割などがあります。

そこで、今回の記事では断熱塗装という塗装を行うメリットについて書いていきます。

夏場、冬場はエアコンが必ずと言っていいほど必要ですが、エアコンは電力消費のうち4分の1をしめているということをご存知でしょうか?
断熱塗装を施すことで、その電力消費を大幅に削減するということが可能になります。
断熱塗料は太陽光に含まれる近赤外線を防ぐ機能を果たすことで、夏場の室内の温度を3℃も減少させる効果があるということが分かっており、これは節電へ大きく貢献してくれることでしょう。

夏の厳しい暑さの中で、節電のためエアコンをつけないという方も中にはいらっしゃると思いますが、このように断熱塗装を施すことにより、節電、またはエアコンをつけなくても過ごせる環境といのを実現できるかもしれません。

外壁塗装をお考えの方であれば是非一度、業者にご相談してみることをおすすめいたします。