ホーム > 防水工事の工法〜アスファルト〜

防水工事の工法〜アスファルト〜

前回は、現在注目のFPR工法についてお伝えしましたが、今回は昔からのアスファルト防水について書いていきます。

アスファルト防水とは、合成繊維不織布とアスファルトを混ぜ合わせコーテイングした防水材料を重ねて形成する工法になります。
また、熱工法、トーチ工法というものがあり、それぞれ、アスファルトを熱により接着する工法と、シートの裏面と下地を熱し、溶かすことで接着する工法です。
どちらも防水層が厚く形成できるために、施工のばらつきが比較的少なく、信頼性の高い工法と言えます。

メリットとしましては、アスファルトを染み込ませるために防水性が高く、水密性が高いということに加え、安価であるという点です。
また、最近のアスファルト防水工事では工事中の匂いも少なくなってきています。
さらに、耐用年数が長いために、面倒なメンテナンスをあまりしなくてもいいという点もまたメリットでしょう。

デメリットとしましては、高熱での工事のため危険があるという点と、匂いもやはり発生してしまう点です。
また、重ねて塗る手間がかかるので工期が他の工法より長くなります。
もし屋根の防水工事が必要であれば、重い、という特徴がありますので、木造の建物に不向きでしょう。

いかがだったでしょうか?それぞれの工法を比較し、最も適した工法を選んでくださいね。