ホーム > 防水工事の工法〜FRP防水〜

防水工事の工法〜FRP防水〜

前回まで、ウレタン防水、ゴムシート防水についてお話ししましたが、気になる工法はございましたでしょうか?

今回はFPR防水という防水工事についてお話ししていきます。
FPR防水とは、FPRと呼ばれる、強度、耐久性に優れた、ガラス繊維強化プラスチックを用いた被覆防水層をつくる工法のことで、近年では人気が徐々に上がっており、木造住宅のバルコニーや屋上、下水道施設なんかに使われているようです。

メリットを挙げますと、ガラス繊維ですから軽量で耐久性に優れており、車両が通るといったことにも耐えられます。
形状様々に施工でき、つなぎ目のない仕上がりが可能です。
また、下地へしっかりと密着してくれるため、防水性に優れているので、下地が膨らんだり、圧縮したりなどで剥がれてしまうことは少ないと言えるでしょう。

デメリットに関して言いますと、長期間紫外線に当たっていることで、ひび割れが考えられることでしょう。
ですから、定期的な塗り替えが必要になり、ゴムシートのような伸縮性がないため、地震などの際にはすぐにひび割れになります。

このようにメリットとしては大きいですが、耐久性という面ではデメリットも大きいのでそういった点も判断材料にしてみてくださいね。