ホーム > 防水工事の工法〜ゴムシート防水〜

防水工事の工法〜ゴムシート防水〜

防水工事の中には、様々な種類があり、前回はウレタン防水についてご紹介しましたが、今回はゴムシート防水についてお伝えしていきます。
ぜひ、ご自身の気に入る工法を選んでくださいね。

ゴムシート防水とは、シート状になっている合成ゴム系の防水シートを下地に接着剤などを用いて貼る工法になります・

素材がゴムでできているため、伸縮性があり、価格に関して言えば安価で、工事が簡単なため工期が短いということが言えます。
ですから、応急処置としての工事にも、適していることでしょう。

ゴムシート防水のメリットとしましては、伸縮性があるため、下地に亀裂が入った場合でもそのまま維持することができ、耐用年数、耐候性ともに優れていると言えるでしょう。
また、軽量であることから、木造の建物にも対応できるという点も挙げられます。

デメリットとしましては、下地が複雑な形状をしている場合、しっかりと粘着しにくいということです。
シート同士を貼り付けるので接着剤自体が強力かそうでないかによって耐用年数は大きく変化します。
加えて、紫外線によってダメージを受けやすく、それによって起こる問題もあります。

以上がゴムシート防水の特徴になります。
次回はFRP防水という工法についてお話ししていきますね。