ホーム > 雨どいの重要性

雨どいの重要性

雨の多い日本において、住宅の雨どいは、住宅を守ると言う観点から、非常に重要な役目を担っている、住宅設備のひとつです。
この事は、雨どいが無い場合の雨の流れを想像すれば、どんな影響が生活にあるのか容易に想像が付く事ですが、
雨どいの設置された場所や、その機能に目を向けて、その働きと重要性を見てみましょう。

では、雨が屋根に落ちた瞬間からの、雨の流れと雨どいの働きを見てみます。


まず、屋根全体に降った雨は、屋根づたいに流れ落ちて行くにしたがい、次第に大量の水量となって行きます。 
こうして、降った雨がそのまま壁を流れると、下の土が削られ、住宅の基礎にも外壁にも大きなダメージを与える事となります。

このような外壁を濡らす雨が、外壁塗装の劣化による防水力の低下に伴い、住宅内部に湿気が浸透してしまう事にならないよう、雨どいは家を劣化から守ってくれる重要な働きをしているのです。

つまり、屋根全体から流れて落ちて来る雨水を、屋根の外周に設置された横といで全てを受け、
降ってきた雨が雨どいを通って一カ所に集められ、縦といにより下水や側溝などへと排出される事で、住宅を湿気から守ると言う、重要な働きをしているのです。


雨どいの重要性お分かりいただけたでしょうか。
このように雨どいは大切な家を守る重要な部分だと言えるのです。