ホーム > 外壁をツートンカラーにする時のポイント

外壁をツートンカラーにする時のポイント

外壁を塗るときにツートンカラーにすると、一色だけで塗るより家全体の雰囲気に立体感が出ますし、個性も演出できます。
では二色をどのような色で組み合わせるといいのでしょうか。
今回は外壁をツートンカラーにするときのポイントをご紹介しますね。


まずおすすめは、同系色の色を組み合わせることです。
茶色とベージュ、青と水色といったような同系色の組み合わせは、互いの色が自然になじみますので家全体の印象が落ち着いた感じになります。

では二色の割合はどのようにしたらよいのでしょうか。
配色は6:4か7:3といったところがおすすめです。
どちらかの色を多めにして、主調となる色と補助的な色というふうにわかりやすくした方が、全体の雰囲気がしっくりまとまります。
色の配置もいろいろなパターンが考えられますが、一階と二階など、上下で塗り分けるのが比較的多いパターンです。

上下で分ける場合、暗い色は下にする方がよいでしょう。
というのは、暗い色を上に持ってきてしまうと、家の上の方が重たい印象になり、バランスが悪い感じになりがちだからです。

他にも、ベランダなどの突起の部分だけ色を変えるなどいろいろな塗り分け方があります。
窓の縁だけ色を変えても可愛い感じになります。



これらのポイントを踏まえたうえで自分好みのツートンカラーの外壁にしてみてくださいね。