ホーム > 雨漏りの応急措置の方法

雨漏りの応急措置の方法

雨漏りは雨が降った時に天井から雨が滴り落ちる状態のことを言い、そういった状態に入った場合には、確実に建物の劣化に至る可能性も高くなります。
そのため、雨漏りの箇所を特定するのと同時に緊急避難的な対処法を講じることが重要です。


まず雨漏りしている箇所が特定できれば良いですが、仮に特定できない場合には屋根の上からビニールシートを一面に敷き、それによって屋根をさらさない状態にする必要があります。
ただ台風などの猛烈な勢いの風が吹いたりした場合、それでビニールシートが飛ばされるリスクがあるのも事実です。

もし雨漏りしている部分が特定しているケースでは雨漏りしている部分にテープを貼り付け、そのひび割れなどの侵入口を防ぐことが肝要となります。
またどうしても屋根にビニールシートを敷けない状態であれば、最悪の場合、屋根裏部屋にビニールシートを敷く方法も存在します。


実際にこれらの応急措置で雨漏りが収まるケースもありますが、根本的には解決していないため、あくまでもこの方法は応急措置の方法となります。

早めに業者に連絡を行い、雨漏りしないようなリフォームを行う必要があります。