ホーム > 雨どいを自分で修復する方法

雨どいを自分で修復する方法

雨どいは台風や強風などにさらされたり、経年劣化によって壊れてしまうことがあります。
大きく破損している場合は業者に修理を依頼するべきですが、些細な壊れかたであれば自分で修復ですることも可能です。
今回は雨どいを自分で修復する方法についてお話しますね。


まず、ひび割れが発生している場合です。
ひび割れがあると雨どいの役割を果たせないため、早急に修理しなければなりません。
そのため、ひび割れている部分をテープで塞ぐことが大切です。
雨どいの中に落ち葉や枝が詰まっている場合は、取り除いておきましょう。
そして、水を流してみて水漏れがなければ修理完了です。

一見壊れている部分がないように見えても、雨どい全体に歪みが生じていることがあります。
水が集水器に流れてこなければその可能性が高いと言えます。
雨どいは傾斜しているから、一カ所に雨水が集まらなければならないのです。
傾斜がゆがんでいる場合は、一カ所に集まるように傾斜を調節し、角度を付けましょう。
二人組で作業をし、一人が角度調整を行いもう一人が水を流してチェックをするという役割分担をすると短時間で修理を終えることができます。


このように雨どいは自分で修復することもできますが、
もちろん専門業者に依頼したほうが耐久性は高いということは覚えておきましょう。