ホーム > 雨どいが壊れる原因って?

雨どいが壊れる原因って?

新築の住宅なら隅々までしっかりとしていますが、経年劣化によってだんだんと痛んできます。
雨どいが壊れる原因はいくつかありますが、今回はその原因について紹介しましょう。


一つは雨水の重さでひびわれが出ることです。
もちろん、通常の雨であれば壊れることはありません。
雨と一緒に葉っぱや泥などが流れてきて、雨どいに留まってしまいひび割れになります。
短期間でひび割れが発生することはありませんから、定期的に雨どいの掃除をしておけば防ぐことができます。

また強い台風や雪で歪んだり、金具が緩んだりすることがあります。
台風が来た時にはどうしようもありませんが、台風の風によっていろいろなものが飛んできて、
雨どいに強く当たることでひずみが出てしまうのです。

さらに、雪国であれば夜中に降った雪で雨どいの金具が緩んでしまうこともあります。
雪かきをすればいいのですが、高齢になると屋根から落ちて大けがをする事故が毎年のように起きていますので注意が必要です。


このように、雨どいが壊れてしまう原因はいくつかありますが、
いずれにしても定期的に専門業者に点検をしてもらうことをおすすめします。