ホーム > 契約内容を書面に残す重要性について

契約内容を書面に残す重要性について

外壁塗装を行うとき、見積もりを請求して納得したら、工事を行う前に契約書を取り交わします。
契約書はとても重要なもので、外壁塗装のトラブルで起こる可能性があるため、トラブルを回避するためにいは欠かせないものになっています。
口約束の契約は、後々トラブルになってしまうことが多く、約束したことを証明できなければ泣き寝入りになってしまうことも多いものです。

トラブルで多いのは費用や塗料についてです。
見積もりや口約束で書かれた費用が、工事が終わる頃になると追加料金が発生したとして請求されることがあります。
ここで追加料金の有無を、契約書に明記しておけばトラブルを防ぐことができます。

また塗料に関しても契約書には使用する塗料の種類や使用する量の目安が記載されています。
もし塗料がかなり余っていたら手抜き工事を疑うこともでき、トラブルをあらかじめ回避することができるのです。



そのため契約書は必ず書面に残し、書面で証明できるように準備します。
工事が終わった後も、不備が起きたときには保証期間内であればやり直しをしてもらえます。

契約書には補償期間についても記載されているので、工事が終わっても手元に残しておきましょう。