ホーム > 葺き替え工事の特徴とは

葺き替え工事の特徴とは

家を守る屋根の劣化はできるだけ早く対処しておくべきです。
屋根工事の一つに葺き替え工事というものがあげられます。
今回は葺き替え工事についてご紹介しますね。

まず、葺き替え工事は、既存の屋根材を一掃し、新たな屋根材に交換する工事です。
この時屋根だけでなく、下地部分まで入れ替えることになり、屋根が完全に新しくなります。
つまり、防風機能や防水機能も最新のものになるということであり、その分だけ、家全体の寿命が延びるのです。

また、既存の屋根材を撤去することから、屋根の重量を軽減することができるだけでなく、屋根材を自由に決めることができるため、家全体の印象を一新することができます。

ただ、葺き替え工事は、取り除いた古い屋根材を廃棄する必要があることから、既存の屋根材の上に新たな屋根材をかぶせるカバー工法に比べて費用と期間がかかるという問題点もあります。
このような事情から、現在では、葺き替え工事よりもカバー工法の方が主流となっています。


葺き替え工事、カバー工法それぞれにメリットデメリットがあるので、
屋根材の状況に応じて、最適な工法を選ぶべきであると言えるでしょう。