ホーム > 屋根塗装のカバー工法って何?

屋根塗装のカバー工法って何?

屋根は住宅の中で最も劣化しやすい部分の一つです。
夏は高い位置の太陽からの直射日光にさらされ、台風の日は強い風や雨が直撃します。
1年を通してかなり自然の厳しさの中で耐えているので、屋根は劣化しやすいため、定期的に塗装をする必要があるのです。

屋根塗装の方法の1つにカバー工法というものがあります。
今回は屋根塗装のカバー工法についてご紹介します。




まず、カバー工法とは現在の屋根の上に、その名の通りカバーするように屋根を覆っていく工法です。
カバー工法の効果としては、断熱性が高まることがあげられます。
屋根が二重になるので、部屋の中で暖房を効かせるときに、部屋の中の暖かい空気を外に逃がしにくくなり、冬場は室内が冷えにくくなるのです。


そのため、冬の間の暖房による光熱費はそれほど高くなりません。

一方、デメリットとして、カバー工法は屋根を2重にすることで、
家全体が重くなるので、地震に弱くなることが考えられます。


このように家の構造体によってもカバー工法が向いているか向いていないかがあるので、
2重屋根にも耐えれる強度のある住宅にはカバー工法を用いるとよいでしょう。