ホーム > 屋根塗装に向いている塗料

屋根塗装に向いている塗料

屋根瓦の家であれば、30年から40年おきに瓦を葺き替えする必要があります。
ですが、最近の住宅に良く用いられているスレートが屋根材の場合には、葺き替えは滅多にしなくても大丈夫です。
その代わり、屋根塗装をする必要は出てきます。

 


では、屋根塗装をする場合、屋根塗装に向いている塗料はどのような塗料になるでしょうか。
まず、出来るだけ短期的に塗装をするよりも長期的に塗装をする方が、金銭的な負担は少なくなります。
そう考えると、ガイナ塗料のような高機能塗料がおすすめになります。

 

ガイナの特徴は断熱性と遮熱性の両方を兼ね備えている点にあります。
遮熱性があることで、高い断熱機能を持っているため屋根のすぐ下の部屋も暑くならず夏場でも快適に過ごすことが出来ます。

寝室が最上階にある場合には、気温が高くなりにくいことは、大いなるメリットになります。

 


屋根材が出来るだけ高級な物がいいもう一つの理由は、屋根は風雨のダメージが直接当たるため、軟弱な屋根だとすぐに修理をしなければならなくなり、お金が湯水のように消えていきます。
外壁よりも劣化が早いため外壁よりもグレードの高い塗料がいいのです。