ホーム > 外壁塗装の色の面積効果とは

外壁塗装の色の面積効果とは

外壁塗装の色選びはとても慎重に行う必要があります。
外壁は広い面積を占めるだけに、外壁の色次第で家の印象が決定づけられるからです。
そして、家の印象は住んでいる人の印象にも関わってきます。

 


では、どんなことに気をつけて選ぶとよいのでしょうか。
知っておきたいのは「色の面積効果」です。
色は、小さな面積で見たときと、大きな面積で見たときとでは、同じ色でも見え方の印象が変わってしまうのです。

 

一般に薄い、明るい色の場合は、大きな面積になるとよりいっそう色が薄く、明るく見えるのです。
また、鮮やかな色の場合は、大きな面積になるとよりいっそう鮮やかに見えます。
ですから、小さなサンプルだけで色選びをしてはいけないのです。

 

小さなサンプルで「この色がいいな」と思っても、実際に外壁に塗ってみたら妙に白っぽく明るくなったり、あるいは、思っていた以上に鮮やかすぎてどぎつい印象になってしまったりすることがあります。
ですから、サンプルで「これがいい」と感じた色より若干彩度と明度を下げて色相もなじみの良い色にしておくと、狙い通りの仕上がりになると思っておいた方がよいでしょう。