ホーム > アクリル塗料のメリットとデメリット

アクリル塗料のメリットとデメリット

最近はめっきり住宅に使用することが少なくなった外壁塗装の塗料の1つにアクリル塗料があります。
アクリル塗料の特徴は他の塗料に比べても低価格で重ね塗りがしやすいのが特徴になります。
価格は1平方メートルあたり、およそ1500円ほどになります。

 


人気のある塗料であるシリコン系塗料の金額と比較するとシリコン系塗料の1平方メートルあたりの金額はおよそ3000円になりますので、単純に2倍ぐらいの価格差があります。
塗料も上から重ね塗りをしても違和感がないほど薄いのが特徴になります。

 

現代において、アクリル塗料を使うとすれば、自宅の外壁を定期的に塗り替えたい場合などです。
アクリル塗料は他の塗料と比べて耐久性で劣るため、短期的に何度か塗替えをしたい場合であれば積極的に使うべきでしょう。

 

ちなみにアクリル塗料の耐用年数は8年ほどになります。
シリコン塗料であれば13年から15年ほどが耐用年数になりますので、およそ2倍耐用年数が違うことがわかります。

 


アクリル塗料の欠点は、汚れです。
汚れが付きやすく外壁塗装にはあまり向いていないのです。