ホーム > チョーキングと外壁塗装

チョーキングと外壁塗装

チョーキング現象は外壁塗装の劣化を表す症状のひとつであり、その名前のとおり、外壁を手で触るとチョークのような白い粉が付く現象のことをいいます。

このような状態になっていると外壁塗装を行うサインとなっているので、劣化を見逃さずに定期的にチェックをしておきましょう。

外壁塗装というのは見た目に問題がなくても、性能が劣化しているということがあり、そのまま放っておいてしまうと外壁の劣化につながってしまうことになります。
普通の人からすれば外壁塗装は建物の外観を良くするもの程度の認識の人も少なくないのですが、外壁塗装には更に大切な役割があり、外壁を保護する働きを持っています。

外壁塗装があることによって外壁は風雨や紫外線、排気ガスといった様々な外部からの影響から守られているわけですが、塗装が劣化してしまうとこのような働きがなくなり、今度は外壁の劣化につながってしまうのです。

外壁塗装をするよりも外壁自体を修繕するほうが大掛かりな工事が必要になり、費用もかさんでしまうことになるので、チョーキング現象は見逃さずに適切なタイミングで外壁塗装を行いましょう。