ホーム > シーリングって何?

シーリングって何?


住宅には、場所によってシーリングを施工する場合があります。

 


シーリングとはコーキングとも呼ばれているもので、基本的には同じ要素を持っていることになります。
タイルやひび割れなどの隙間に充填することによって、防水性・気密性・美観性を高めることができることが大きな特徴です。
例えば、外壁などの場合ではサイディングに加工する際には、その継ぎ目部分などに対してシーリングを行ったり、窓枠のサッシと外壁の隙間部分に施工することも一般的に行われている方法です。

 


補修を行うために利用する場面もあり、トタン屋根などの場合、外壁の隙間を埋める方法、穴が開いてしまった場合では、穴を塞ぐために用いるような場面もあり、自在に形状を作り出すことができるので、非常に便利な素材として用いられています。
一定期間が経過すると硬化してしまい、劣化が見られるので、施工し直すことも大切になりますね。

 


変性シリコーン系・シリコーン系・アクリル系など、様々な種類があるので、場所によって使い分けを行ったり、塗装を重ねる場合では、上に塗装を塗ることができる素材を選び出すことが大切です。