ホーム > モルタル壁のメリット・デメリット

モルタル壁のメリット・デメリット

昔の家の外壁材として最も使用されていたのは、砂とセメントと水を混ぜて作られたモルタルでした。
モルタル壁は、外壁として利用する際に、ラスと呼ばれる網状の金物などの上にモルタルやセメントを左官で塗って仕上げられていっています。

モルタル壁のメリットとして上げられるのが、デザインの自由性が高く、意匠性に優れているということです。
これは、モルタルが職人の手で仕上げられていくため、いろいろなデザインにすることが出来るようになっているからで、古風なものからスタイリッシュなデザインのものまで、幅広く対応することが出来ますよ。

 


サイディングが普及するまでは、このモルタルが一般的に普及されていて、サイディングのような繋ぎ目がないため、雨水といったものの浸入を抑えられます。
また、金属の外壁材のように熱くならないことから、建物へのダメージを抑えることが出来ます。


モルタル壁は見た目に味わいがあるところが人気ですが、ひび割れが発生しやすいというところがデメリットです。
また、モルタル壁は工程が複雑でコストが高い、汚れが目立ちにくいなどのデメリットもあります。