ホーム > タイルの外壁に塗装は必要なの?

タイルの外壁に塗装は必要なの?

住宅の外壁にタイルを用いている家も多く存在していますが、タイルの場合は一般的なサイディングと比較して、メンテナンスをあまり必要としないことがメリットになります。
特に磁器製などの素材を使っている場合は、非常に長持ちさせることができ、住宅全体を高級感のある状態に見せることができるメリットもあります。

しかし、長期間にわたって利用をしている状態では、何かしらの劣化が見られる場合もあります。
例えば、表面に汚れが付着してしまったり、変色を起こしてしまったり、欠けた部分が見つかってしまうことがあるでしょう。

一般的な外壁としてのモルタルやサイディングは、6年から10年程度の期間で塗り替え塗装を行うことが必要になるものですが、実際、このような期間で多くの方が外壁の塗装工事を利用しています。

しかし、タイルの場合は、塗装を行ってしまえば、本来持っている素材の風合いが無くなってしまうので、このケースではタイル保護塗装を行うことがおすすめです。
目地の状態に関しても綺麗にクリーニングを行う方法で、再び綺麗な外壁に変えることができるため、長期間にわたって使い続けることができるでしょう。