ホーム > シート防水の長所と短所

シート防水の長所と短所

陸屋根の建物は屋上を設けることが出来る反面、防水性で問題があります。
普通の傾いている日本古来の屋根では、雨は屋根の上に残りませんが、陸屋根の場合だと雨が屋根の上に残ってしまいます。
雨が水たまりとなって数日屋上にたまっているのです。

新築間もない頃であればそれほど問題はありませんが、10年以上経過した建物の場合には雨漏りが発生する可能性が高くなります。
では、雨漏りが発生した場合にはどのような対処をしたらいいのでしょうか。
1つは防水加工をすることです。
防水加工にはいくつか種類がありますが、シート防水という方法で防水性を高めます。
これは、屋上に防水シートをカーペットのように敷くことで防水性を強化することが可能になります。
防水シートは、防水層が工場で作成されているため品質が安定しているというメリットやカラフルな仕上げが可能と言うメリットもあります。
また、施工が意外と簡単ですので、工事期間が短いというメリットも忘れてはいけません。

その一方で、デメリットもあり、剥離が生じやすいことや焼却時にダイオキシンが発生することもあります。