ホーム > 油性塗料のメリット・デメリット

油性塗料のメリット・デメリット

塗料には水性・油性があることをご存知でしょうか?
油性の塗料は水性塗料に比べ短期間で施工を終えることが出来ます。
それは、乾燥が早いというところがメリットとして挙げられるからです。
腐食の進行が水性に比べて遅いところが人気で、樹脂や金属部に対する塗装に強いのが特徴です。

同じ価格帯で比較を行うと、水性よりも塗膜が強いため、劣化するまでに時間がかかるところが良いところです。
また、水性に比べてツヤが出るため、新築のような見た目に仕上げていただくことが出来ます。

塗料によっては外壁を守るために機能性が高いものもあるため、価格と質のバランスが取れたものを選ぶことで建物自体を守れるようになります。

デメリットとしては、臭気があるため不快感を持たれる時期がある可能性があります。
シックハウス症候群の一つとして上げられる成分が多く含まれて、塗料によっては環境に優しくないものもあります。
また、希釈にシンナーといったものが必要となるため、水道水希釈よりもコストがかかります。
他にも発火のリスクがあるため、保管しておくときに注意が必要となります。

良し悪しを理解して、依頼するようにしましょう。