ホーム > 水性塗料のメリット・デメリット

水性塗料のメリット・デメリット

油性塗料が注目されている近年ですが、水性塗料を使用されているケースも多くあります。
水性塗料は臭気が少なく、不快感を抑えることが出来るため、内装の使用にも安心です。

 

油性塗料にはシックハウス症候群の原因の一つとされている有機化合物が多く含まれていますが、水性塗料は少なめです。
そのため、健康を気にされる方や環境について考えられている方からも人気を得ています。


外壁の見た目として、光沢が出ないところはデメリットに挙げられる方もいますが、ツヤがあり過ぎるとかえって下品に感じられます。
住宅を落ち着いた見た目に仕上げたい場合には、水性塗料が良いでしょう。

価格も、通常の物であれば低価格で利用することが出来ます。
高性能の水性塗料は、品質に関しても油性と遜色無いものもあります。
高性能の水性塗料は価格が高額なものが多く、施工が複雑であることから職人によって品質の安定が異なってきます。

見積もりの段階で業者との入念な打ち合わせが必要となり、工程について確認と理解をしなければいけなくなります。
また、気温が低いと施工できない可能性もあります。


納得して利用することが出来るようにしましょう。