ホーム > ヘアクラックとは

ヘアクラックとは

クラックは、外壁はもちろんのこと、内壁や基礎など、さまざまな場所に起こる可能性のある劣化の現象ですが、コンクリートやモルタルの外壁では構造上、ヘアクラックを避けることが不可能なこともあるのです。

ヘアクラックは、その言葉通り髪の毛のように細く短いひび割れのことを指しますが、どの程度の大きさや長さまでがそれをあらわすのかは、特に決められているわけではありません。

ヘアクラック自体は、通常であれば浅いクラックなので、塗膜の経年劣化によって起こることが多く、素地までは届いていない場合が一般的なのです。

しかし、素地の膨張収縮に耐えている塗膜部分のヘアクラックが、年月が経つうちに次第に深くなり、素地に届いてしまうまでになると防水効果の著しい低下につながってしまいます。

そこで、ヘアクラックだからまだ大丈夫だと安心したりせず、出来れば早いうちに専門家に見てもらって、修理などが必要かどうか判断することが大切でしょう。

そして、住宅を少しでも長持ちさせたいと考えるならば、塗膜の劣化サインを見つけ次第補修することも重要です。