ホーム > チョーキング現象とは

チョーキング現象とは

一戸建ての定期的なメンテナンスは建物自体の寿命を延ばすために大きな役割を果たします。


建物のなかで最も劣化しやすい部分はやはり外壁でしょう。

外壁は天候によるストレスを蓄積し、経年劣化がわかりやすくあらわれる箇所です。

外壁を触った時に白い粉のようなものが手に付着することがあります。
これは外壁が劣化していることのサインで、チョーキング現象というものです。

外壁の塗装表面が紫外線や熱などで劣化し、塗料の中の顔料が粉状に変化してしまっている状態で、塗装の劣化を示すサインなのです。


チョーキング現象を確認した際は、できるだけ早く外壁の塗り替え作業を行うことが望ましいといえます。

実際に生活するうえでは外壁の劣化による影響を感じることはほとんどありませんが、このような状態がみられる外壁ではさらに劣化が進みやすく、外壁をこえて内部にも悪影響を及ぼす心配があります。


建物を守る外壁は健康な状態を保つことが欠かせません。

塗装には費用がかかりますが、メンテナンスのために新築時から積み立てておくことが安心へとつながります。