ホーム > 下地処理とは

下地処理とは

外壁塗装をする際に大事なポイントとなるのが下地処理です。

外壁は塗膜のことに注目が行きがちですが、その下の壁も傷んだりクラックが入るなどダメージを受けていることが多くあります。

そこで高圧洗浄やシーリングの工事をしてヒビの再発などを防ぎ、外壁塗装の仕上がりをより良くすることが大切です。

鉄部のさびの補修も欠かせない下地処理です。

よく行われる下地処理は高圧洗浄で外壁や屋根などの汚れを取り除き、藻やカビの発生を防ぐというものです。

その上でクラックが入っている場合にはフィラーの刷り込みを行い深層に入るクラックも浅いクラックも修復した後に塗膜を塗ります。

塗膜が剥がれていた場合にはそちらもあらかじめ処理した後、きれいになった上から塗装致します。

そして塗装の必要がない目地や窓まわりのシーリング処理もしっかりした上で塗膜を塗ります。


このような塗装の前の下地処理をしっかりする業者を選ぶことで、住まいの機能性を長く保つことができ、仕上がりも美しくすることができるのです。

塗料ばかりに注目が行きがちですがこうした下地処理にも注目して業者選びをしましょう。