ホーム > 屋根塗装の劣化を見抜く方法

屋根塗装の劣化を見抜く方法

長く住宅に住み続けていると、どうしても屋根も劣化してきます。
雨や風・太陽の光などによるダメージを直接受けている屋根は、劣化しやすい場所とも言えます。

屋根の塗装の劣化を見抜く方法としては、まず第一に屋根のツヤがなくなってしまい、色が薄くなっている状態であることです。
最初は綺麗にツヤがあった屋根も、劣化してくるとツヤも剥げて無くなってしまいます。

更に、屋根が白み、手で触ると白い粉が付いてしまったり、屋根がカビで黒ずんでいたりコケが生えている場合もあります。

遠くから見ると解りづらいかもしれませんが、二階の窓から覗いたり近くに寄って見てみると、このような状態になっている事がよくあります。

塗膜そのものが剥げ落ちている場合もありますので、こういった場合は劣化が進んでいると考えてよいでしょう。

このような状態になっている場合は、早めの屋根の修理や塗装のし直しをお勧めします。
早めに塗装をし直すことにより、より重大な劣化を防ぐことが出来るのです。

屋根を守ることは、住宅全体を守ることにもなります。
屋根の劣化に気付いたら、是非お問合せ下さい。